1. TOP
  2. FX
  3. ずばり買い!?『レビュー』図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

ずばり買い!?『レビュー』図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

 2019/02/24 FX 仮想通貨 書籍 この記事は約 4 分で読めます。

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

点数:4.5点 (5点満点中)

対象レベル:初心者△│初級△│中級◎

対象レベル詳細
初心者 これから投資を始める方
初級者 実戦でのトレードの経験があり、入門書も何冊か読んだことがある
中級者 1年以上の実戦でのトレード経験があり、一通りのテクニカル分析を理解している。また、チャートを見ながらエントリーのタイミングを計れる方

2005/4/10発行 全253ページ 著者:田渕 直也

一橋経済学部卒業 現在金融アナリスト 他にも多数著書

 

本書のレビュー

 

まず言いたいのは、

 

この本が どうこう は、ひとまず置いといて

 

【ランダムウォーク】と【行動ファイナンス】

 

を知る事に意義があると言う事です。

 

 

 

この2つの考えは投資(トレード)において必須の知識だと僕は思います。

 

ランダムウォークと行動ファイナンスについて書かれている「他の本」をまだ読んだ事は無いのだけれど、

 

この本は十分にその役割を満たしています。

 

そして非常にうまく、まとめられているのがGOOD!

 

例えば、本書に出てくる

「ファンダメンタルズの罠」「テクニカル分析の罠」「損切の罠」「敗者のゲーム」は

ランダムウォーク理論を絡め、今までにないアプローチでかなり面白い内容。

 

 

初心者にはかなり難しい

 

ただ、一つ言わなければならないのは、

 

内容がかなり難しいので初心者や、初級者の人だと、内容が頭に入ってこない可能性があります。

 

 

何を隠そう僕もこの本読むのは2回目なんですけど、

 

1回目読んだ時は残念ながら、内容の素晴らしさに気付けませんでした。

 

 

 

2回目もかなりじっくり一つ一つ整理しながら読んでいったので何とか自分の中に落とし込めた感じです。

 

 

↓こんな感じで見返した時にすぐ思い起こせるようにして、要点を抑えておく感じ

 

そうすると、スルスル内容が頭に入ってきますのでおススメです。

 

というかファンダメンタルズや、チャートパターンをある程度把握しておかないと、この本のポテンシャルを半分も引き出せないかもしれません。( ;∀;)

 

 

まとめ

投資においてランダムウォーク理論と行動ファイナンス(心理分析)は必須事項です。それはファンダメンタルズやテクニカル分析に匹敵するほどの、マーケットに対してのアプローチの仕方と言えるからです。

ある程度テクニカル分析を学習したのであれば、この本に挑戦してみるべし!

さすれば新たな扉が開かれるであろう。

 

bitbank

\ SNSでシェアしよう! /

MONEY GAME 攻略の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY GAME 攻略の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大橋 司

大橋 司

■このサイトの管理人■
大橋 司(おおはし つかさ)
2016年11月より投資を始める。FX,仮想通貨を主にトレード
現在仮想通貨のリップル(XRP)に長期投資中!!
テクニカルトレーダー
おすすめ映画:ウルフ・オブ・ウォールストリート
おすすめドラマ:新しい王様
尊敬する人:梅原大吾
Twitterのフォローお願いします♪
↓↓↓↓↓
@MGM2kasa

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビットコイン(BTC)とゴールド(金)が色々似ていて面白いので比較してみた!

  • 【投資本】感想◆インターバンク流FXデイトレ教本◆

  • 簡単に解る!◆ログスケールの見方・使い方◆対数チャートとは?

  • ビットコインのポジション比率(LS比率)が分かるサイト・ツールの紹介と使い方

関連記事

  • 投資家必須!?ランダムウォーク理論とは?簡単に★全部分かる!まとめてみた